top of page

2024年3月6日(水)

ライフDX推進協会は、「デジタル手記遺産事業」の第1弾、「特集:東日本大震災を繋ぐ」をxLifeに公開しました。いまだから伝えられる、継承すべき大災害の想いを当時の市町村長らが手記遺産として書下ろし。

     プレスリリース:公開の詳細はこちら→

ニュースアーカイブ

News archives
 

2024年6月14日(金)

終活で実績のあるWEBサイト「SHUKATSU!」に、xLifeのインタビュー記事、サービスの全貌が紹介されました。

   記事の詳細はこちら→

2024年6月6日(木)

エックスライフ株式会社は、カルテ記入や管理のデジタルにより、トリマー業務の効率化を目指した「トリマーカルテ」サービスをxLifeに実装し、モニタ運用を開始しました。PRTimesより公開されました

   プレスリリース:公開の詳細はこちら→

2024年5月21日(火)

「手記遺産ストーリー」がPRTimesより公開されました 

誰もが歴史の1ページ、令和から繋ぐ未来への「手記遺産」 ―知の継承、新たな社会文化としてー

   プレスリリース:公開の詳細はこちら→

2024年5月9日(木)

「鉄道チャンネル」からの当協会インタビュー記事が、鉄道チャンネルの姉妹サイト「tokyochips」で紹介されました。 

『人生情報ポータル「xLife」エクスライフ で終活を楽しく有意義にワンストップ化! 複数もつ SNS の呪縛から解放、企業 自治体との共創も』

   プレスリリース:公開の詳細はこちら→

2024年3月6日(水)

ライフDX推進協会は、「デジタル手記遺産事業」の第1弾、「特集:東日本大震災を繋ぐ」をxLifeに公開しました。いまだから伝えられる、継承すべき大災害の想いを当時の市町村長らが手記遺産として書下ろし。

   プレスリリース:公開の詳細はこちら→

2024年2月5日(月)

ライフDX推進協会は、デジタルの意義と価値を「個(パーソナル)」視点で享受することを包括して「ライフDX」と定義し、その社会実装を図っていくことを目的に2024年2月に発足しました。その共通プラットフォームと位置付けているのが、エックスライフ株式会社が開発したクラウド型ライフDXオールインワンWebサービス「xLife」です。

bottom of page